ダンベルフレンチプレスの正しいやり方とフォームのポイント|上腕三頭筋に効果のある筋トレ

■ダンベルフレンチプレスが主に効果のある筋肉部位

●上腕三頭筋に効果がある

ダンベルフレンチプレスは、上腕三頭筋に効果があり、フォームにより上腕三頭筋長頭から短頭(外側頭・内側頭)まで効果のある部位が変化します。

なお、全身の筋肉部位名称と主な作用については下記の記事をご参照ください。

筋肉名称と作用および鍛え方|筋トレで鍛える部位の名前と共働筋・拮抗筋

■ダンベルフレンチプレスの正しいやり方とフォームのポイント

●肘を開くと短頭に閉じると長頭に負荷が集中する


ダンベルフレンチプレスは、ベンチに寝て行うライイング形式や、椅子などに座って行うシーテッド・オーバーヘッド形式などがありますが、肘を開き気味に動作を行うと上腕三頭筋短頭に、肘を閉じ気味で行うと上腕三頭筋長頭に効果が集中するのは共通のポイントです。

また、肩甲骨に接合している上腕三頭筋長頭の特性上、オーバーヘッドで行うと完全伸展・完全収縮するため非常に効率的です。

■ダンベル筋トレのプログラム

ダンベル筋トレメニュー|自宅で効率的に筋肥大する一週間の部位分割プログラム

■筋トレメニューの全て

筋トレメニュー全種目一覧|部位別・器具別の一週間プログラムも例示解説