チューブプルオーバーの正しいやり方とフォームのポイント|大胸筋・背筋に効果のある筋トレ

■チューブプルオーバーが主に効果のある筋肉部位

●大胸筋と広背筋に効果がある

チューブプルオーバーはやり方により大胸筋または広背筋に効果があります。

なお、全身の筋肉部位名称と主な作用については下記の記事をご参照ください。

筋肉名称と作用および鍛え方|筋トレで鍛える部位の名前と共働筋・拮抗筋

■チューブプルオーバーの正しいやり方とフォームのポイント

●大胸筋なら肘を曲げて広背筋なら肘を伸ばして


プルオーバーはやり方により大胸筋から広背筋まで効果のある部位が変化する、やや特殊な種目です。

特に大胸筋に対しては、数少ない縦方向の収縮刺激になるため、発達停滞期に最適です。

大胸筋をターゲットにする場合は、肘を曲げて行いますが、これをアームベンドプルオーバーとも呼びます。

また、広背筋をターゲットにする場合は、肘を伸ばしたプルオーバーを行ってください。

■チューブ筋トレのプログラム

チューブトレーニングメニュー|細マッチョ筋トレに最適な一週間の部位分割プログラム

■筋トレメニューの全て

筋トレメニュー全種目一覧|部位別・器具別の一週間プログラムも例示解説