スミスマシンデッドリフトの正しいやり方とフォームのポイント|背筋群に効果のある筋トレ

■スミスマシンデッドリフトが主に効果のある筋肉部位

●僧帽筋・広背筋。長背筋に効果がある

スミスマシンデッドリフトは、僧帽筋・広背筋・長背筋(脊柱起立筋など)といった背筋群全体に効果があります。

なお、全身の筋肉部位名称と主な作用については下記の記事をご参照ください。

筋肉名称と作用および鍛え方|筋トレで鍛える部位の名前と共働筋・拮抗筋

■スミスマシンデッドリフトの正しいやり方とフォームのポイント

●足幅を肩幅程度にとり手幅を広くグリップする


スミスマシンデッドリフトは、大きく足を広げて足と足の間をグリップするスモウスタイルもありますが、これは下半身の筋力も動員する競技デッドリフトの練習の意味合いが強いので、背筋のトレーニング目的であれば手幅を広くとり、手と手の間に足を肩幅程度に置くヨーローピアンスタイルがおすすめです。

デッドリフト系トレーニングは高負荷で鍛えられる反面、フォームを間違えると腰や膝を痛めるリスクが高いので注意が必要です。

デッドリフトの基本的なフォームの注意点は以下の通りです。

・胸を張る
・お尻をつき出す
・背中を反らせる
・やや上を見る

これらの基本フォームを常に意識して行ってください。特に背中を丸めると非常にリスクが高まりますので注意してください。

■マシン筋トレのプログラム

マシントレーニングメニュー|ジム筋トレ一週間の部位分割プログラム

■筋トレメニューの全て

筋トレメニュー全種目一覧|部位別・器具別の一週間プログラムも例示解説