ダンベルローイングの正しいやり方とフォームのポイント|背筋に効果のある筋トレ

■ダンベルローイングが主に効果のある筋肉部位

●僧帽筋・広背筋および長背筋群に効果がある

ダンベルローイングは、僧帽筋および広背筋だけでなく、二次的に長背筋群(脊柱起立筋など)にも効果があります。

なお、全身の筋肉部位名称と主な作用については下記の記事をご参照ください。

筋肉名称と作用および鍛え方|筋トレで鍛える部位の名前と共働筋・拮抗筋

■ダンベルローイングの正しいやり方とフォームのポイント

●前を見て背中を反らせ肩甲骨を寄せる


ダンベルローイングには、立って両手で行うベントオーバーローイングもありますが、可動域が広いワンハンドローが特におすすめです。

胸を張り、背中を反らせて前を見る姿勢で行うと自然と正しいフォームになります。また、ダンベルを引き上げた時に、肩甲骨を寄せきると背筋群が完全収縮し効果が高まります。

■ダンベル筋トレのプログラム

ダンベル筋トレメニュー|自宅で効率的に筋肥大する一週間の部位分割プログラム

■筋トレメニューの全て

筋トレメニュー全種目一覧|部位別・器具別の一週間プログラムも例示解説