ダンベルレッグカールの正しいやり方とフォームのポイント|大腿二頭筋に効果のある筋トレ

■ダンベルレッグカールが主に効果のある筋肉部位

●大腿二頭筋と臀筋群に効果がある

ダンベルレッグカールは、ハムストリングス(大腿二頭筋・半腱様筋・半膜様筋)および臀筋群に効果があります。

なお、全身の筋肉部位名称と主な作用については下記の記事をご参照ください。

筋肉名称と作用および鍛え方|筋トレで鍛える部位の名前と共働筋・拮抗筋

■ダンベルレッグカールの正しいやり方とフォームのポイント

●膝を曲げた位置でつま先を伸ばす動作をする


ダンベルレッグカールは、下半身背面に効果の高い単関節種目ですが、反動を使って動作を行うと負荷が分散するだけでなく、肉離れしやすい性質のハムストリングスを痛めるリスクもあります。膝を曲げる時も伸ばす時もコントロールした動作で行ってください。

また、膝を曲げた位置でつま先を伸ばす動作を加えることでハムストリングスが完全に収縮し効果が倍増します。

■ダンベル筋トレのプログラム

ダンベル筋トレメニュー|自宅で効率的に筋肥大する一週間の部位分割プログラム

■筋トレメニューの全て

筋トレメニュー全種目一覧|部位別・器具別の一週間プログラムも例示解説