ケーブルフライの正しいやり方とフォームのポイント|大胸筋内側に効果のある筋トレ

■ケーブルフライが主に効果のある筋肉部位

●大胸筋内側に効果がある

ケーブルフライは、大胸筋内側に効果がありますが、腕を閉じる角度によって効果のある部位が変化します。

なお、全身の筋肉部位名称と主な作用については下記の記事をご参照ください。

筋肉名称と作用および鍛え方|筋トレで鍛える部位の名前と共働筋・拮抗筋

■ケーブルフライの正しいやり方とフォームのポイント

●腕をとした後にやや前に手を押し出す


ケーブルフライは、腕を閉じた後にさらに手を前方につき出す動きを加えることで、大胸筋内側が完全に収縮して効果が倍増します。

なお、腕を閉じる軌道によって効果のある部位が以下のように変化します。

・ノーマルケーブルフライ:大胸筋内側中央部
・ローケーブルフライ:大胸筋上部内側
・ハイケーブルフライ:大胸筋下部内側

※ロー=下から引く・ハイ=上から引く

■マシン筋トレのプログラム

マシントレーニングメニュー|ジム筋トレ一週間の部位分割プログラム

■筋トレメニューの全て

筋トレメニュー全種目一覧|部位別・器具別の一週間プログラムも例示解説