バーベルショルダープレスの正しいやり方とフォームのポイント|三角筋に効果のある筋トレ

■バーベルショルダープレスが主に効果のある筋肉部位

●三角筋と上腕三頭筋に効果がある

バーベルショルダープレスは、三角筋を中心に、二次的に上腕三頭筋にも効果があります。

なお、全身の筋肉部位名称と主な作用については下記の記事をご参照ください。

筋肉名称と作用および鍛え方|筋トレで鍛える部位の名前と共働筋・拮抗筋

■バーベルショルダープレスの正しいやり方とフォームのポイント

●反動を使わず肩から先だけで動作をする


バーベルショルダープレスは、体幹の大きな筋肉と接合している三角筋の特性上、反動を使ったり上半身を反らせて動作を行うと背筋群に負荷が逃げてしまいます。

上半身は垂直に固定し、肩から先だけで動作をできる重量設定でしっかりと効かせるようにしてください。

なお、反動を使いづらくするためには、スタンディング形式よりもベンチに座って行うシーテッドプレスのほうがおすすめです。

また、首の後ろにバーベルをおろすビハインドネック形式で行うとよりストリクトに三角筋に効かせることができますが、ある程度の肩の柔軟性が必要となってきます。

■バーベル筋トレのプログラム

バーベル筋トレメニュー|ジムで本格的にバルクアップする一週間の部位分割プログラム

■筋トレメニューの全て

筋トレメニュー全種目一覧|部位別・器具別の一週間プログラムも例示解説