チューブリアラテラルレイズの正しいやり方とフォームのポイント|三角筋後部に効果のある筋トレ

■チューブリアラテラルレイズが主に効果のある筋肉部位

●三角筋後部に効果がある

チューブリアラテラルレイズは、三角筋のなかでも後部に集中的な効果があります。

なお、全身の筋肉部位名称と主な作用については下記の記事をご参照ください。

筋肉名称と作用および鍛え方|筋トレで鍛える部位の名前と共働筋・拮抗筋

■チューブリアラテラルレイズの正しいやり方とフォームのポイント

●肩甲骨を寄せずに動作をする


チューブリアラテラルレイズは、背筋に負荷を逃がさないように行うことが重要で、このためには、肩甲骨を寄せずに動作をするのがポイントです。

椅子などに座って行うシーテッドスタイルだと、意識を集中しやすくなります。

■チューブ筋トレのプログラム

チューブトレーニングメニュー|細マッチョ筋トレに最適な一週間の部位分割プログラム

■筋トレメニューの全て

筋トレメニュー全種目一覧|部位別・器具別の一週間プログラムも例示解説